開業保険医の明日を拓く 開業保険医の協同組合 長野県保険医協同組合

クレームにしないためのコミュニケーション法


クレームにしないためのコミュニケーション法

~クレームに至るまでのメカニズムを知ろう!~


長野県保険医協同組合では、ご好評いただいているスタッフ接遇セミナーを5月に開催いたします。
今回はダイヤモンド・コーチング・サービス代表の渡辺久美子さんをお招きし
前半部分では、医療業界における顧客満足度について、
後半部分では、クレームの事例を交えながら、対応の仕方について学びます。
なお、新人スタッフだけでなく、基本をもう一度確かめたい・曖昧な部分を聞いてみたいという方も
是非ご参加ください。(参加費無料:定員になり次第受付終了)

s_egao (笑顔)
  • セミナープログラム

①医療業界における顧客満足度と現状
②“クレーム未然防止のための基本マナー” と
“コミュニケーションのコツ”
③クレーム対応事例
(初歩対応、聞き方・伝え方など)
④質疑応答       など

開催日時2013年5月18日(土)午後 2 時 半~ 4 時半
会  場松本市浅間温泉文化センター
電話:0263(46)2654
講  師渡辺 久美子 氏
ダイヤモンド・コーチング・サービス代表
(株)日本航空インターナショナル
国際線客室乗務員として35年間勤務。
退職後、現在は接遇経験を活かし
・コミュニケーションスキル
・ビジネスマナー講師、
・プロコーチとして活動。
s_watanabe (渡辺久美子氏)
参加費無料※要予約
主  催長野県保険医協同組合電話:026-223-0345


クレームにしないという意味には「クレームの未然防止」と「クレームを拡大しない」「マイナスをプラスに転換する」の3つの意味があります。クレーム発生の原因は、様々ありますが、知識、技量以前に第一印象が大きく影響します。この人ならば安心、信頼できると思って頂くには、非言語(ノンバーバル)での影響力が重要です。表情、姿勢、挨拶、態度、声のトーンなど、当たり前のことですが、相手を大切に思っていても形に表さないと伝わりません。丁寧なお辞儀は相手への敬意を表します。相手の存在を認める→しっかり聴く→気持ちを受け止める→事実を伝える→見通しをつける→協力への感謝の気持ちを伝える 好ましくない例、好ましい例を実演しながらお伝えします。


お申込みフォーム

お申し込みは5月15日までにお願いします。

医療機関名
お名前*
ご住所*

郵便番号 :
都道府県 :
市区町村 :
番地建物 :


メールアドレス*
参加人数
参加人数をご記入ください。
お問い合わせ
お問い合わせ事項があればご記入ください。

a:2359 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional