開業保険医の明日を拓く 開業保険医の協同組合 長野県保険医協同組合

E6ADAFE7A791E58CBBE5B8ABE5858DE8A8B1E38292E69C89E38199E3828BE38

労務相談?

Q.歯科医師の免許を有する大学院の学生をアルバイトで週1回来てもらう際の届出について教えて下さい。



A.関東信越厚生局は2011年2月に、「2009年(平成21年)度に実施した個別指導において保険医療機関(歯科)に改善を求めた主な指摘事項」をまとめていますが、その中で

届出事項に変更があった場合には、速やかに関東信越厚生局各事務所に届出事項の変更届を提出すること。
・保険医等の異動(常勤及び非常勤)
・標榜診療科名、診療日及び診療時間の変更

としています。保険診療を行うに際しては、保険医の届出が必要です。

一方、社会保険・労働保険の視点からは、
通常、職員の採用に関しては、協会管掌健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険への加入が必要となりますが、
●厚生年金・健康保険の加入条件
正社員、契約社員、パート、アルバイト等雇用形態のいかんを問わず、所定労働日数及び所定労働時間が、一般社員のおおむね4分の3以上で、以下に該当する労働者以外はすべて加入の対象となります。
→日々雇い入れられる者
→臨時に使用される者で、2ヶ月以内の期間を定めて使用される者
→季節的業務に使用される者
→臨時的事業の事業所に使用される者

※健康保険と厚生年金保険の加入条件は同一であり、どちらか片方だけ加入するということは基本的にありません。ただし、70歳以上の方は原則として厚生年金を脱退し、健康保険のみに加入することになります。
※また、75歳以上になると後期高齢者医療制度に移行することになるので、健康保険も脱退することになります。

●労災保険の加入条件
正社員、契約社員、パート、アルバイト等雇用形態のいかんを問わず、全ての労働者が加入の対象となります。

●雇用保険の加入条件
正社員、契約社員、パート、アルバイト等雇用形態のいかんを問わず、以下に該当する労働者はすべて加入の対象となります。
・1週間の所定労働時間が20時間以上であること
・31日以上継続して雇用が見込まれること
・65歳に達した日以後に新たに雇用される者でないこと

すなわち、ご質問のアルバイト歯科医師は、保険診療に際しては新規保険医登録、または異動登録を行うこと。
その歯科医院に週1日のアルバイトをすることにより、社会保険、労働保険の関係では、労災保険のみ加入が必要になります。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional