開業保険医の明日を拓く 開業保険医の協同組合 長野県保険医協同組合

医療機関のリスクマネージメント

シリーズ~医療機関のリスクマネジメント

●医業経営セミナーのお知らせ●(終了しました)

シリーズ~医療機関のリスクマネジメント 

回数日程題名(主な内容)
第1回6月15日(水)スタッフの人事労務管理
第2回7月21日(木)医療事故と医療訴訟
第3回8月10日(水)患者満足と苦情対応
  - 9月21日(水)台風15号の接近により中止(10月19日に延期)
第4回10月19日(水)院内の患者情報の取り扱い
第5回11月16日(水)スタッフの教育
第6回12月13日(火)医院のトラブルあれこれ

※月1回、長野市生涯学習センターで午後6時45分~8時45分までの予定。
参加者のご要望により、8月より開始及び終了時刻を15分早めました。

●本田講師のセミナー開催決定!

本田茂樹講師

■講師 本田 茂樹 氏
株式会社インターリスク総研
研究開発部長 主席コンサルタント
信州大学大学院 非常勤講師

■昨年 9月、「保険医が遭遇した医療事故の事例に学ぶ」としてMS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下でリスク関連サービス事業の中枢であるインターリスク総研の本田茂樹氏をお招きし、 医療事故事例やトラブルの回避法、適切な対処法等についてセミナーを開催したところ、参加者から「医療安全管理の具体的なマニュアルがほしい。」「また講演会をしていただきたい。」「経営的な観点からのアドバイスetcやって下さい。」など、再開を希望する多くの声が寄せられました。そこで本田講師にお願いをして、6月よりシリーズでセミナーを開催させていただくこととなりました。シリーズを通してのご参加をお待ちしています。


第6回 医院のトラブルあれこれ(院内、患者さんのトラブルから思わぬトラブルまで)

開催日時2011年12月13日(火)午後 6 時 45 分~ 8 時 45 分(開場:午後6時30分)
会  場長野市生涯学習センター
TOiGOWEST
長野市大字鶴賀問御所町1271番地3
電話:026-233-8080
参加費無料※要予約 (先着42人)

■講師 本田 茂樹 氏
株式会社インターリスク総研
研究開発部長 主席コンサルタント
信州大学大学院 非常勤講師

講師からのメッセージ

 医療機関を取り巻く環境が大きく変わる中、どちらの医療機関の経営者も様々なトラブルに遭遇しておられるのではないでしょうか。
 トラブルの内容は、患者さんからの筋違いな要求、職員との雇用問題、さらには思いもよらなかったトラブルまで多岐に渡っています。一刻を争わないように見えるトラブルも、対応が遅れることにより取り返しのつかない問題に発展する場合があります。そこでトラブルについては、その発生の背景を押さえるとともに、当事者の事情なども勘案し、的確にそして速やかに対応を進めることが重要です。
 今回の講演では、医療機関に関係する種々のトラブルについて、どのように対応するべきか、事例に基づきご説明するとともに、経営者の方々にはリスクマネジメントの観点からアドバイスをいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

第5回 スタッフの教育(接遇、モチベーション向上など)

日本医師会生涯教育講座(2単位:カリキュラムコード5,8)の対象です。

開催日時2011年11月16日(水)午後 6 時 45 分~ 8 時 45 分(開場:午後6時30分)
会  場長野市生涯学習センター
TOiGOWEST
長野市大字鶴賀問御所町1271番地3
電話:026-233-8080
参加費無料※要予約 (先着42人)

■講師 本田 茂樹 氏
株式会社インターリスク総研
研究開発部長 主席コンサルタント
信州大学大学院 非常勤講師

講師からのメッセージ

 近年、医療機関を取り巻く環境は大きく変わっており、患者やその家族の求めるものは、高い水準の医療サービスを提供することはもちろん、最新の施設や医療機器、クリニックの雰囲気、そしてスタッフの接遇に至るまで多岐に渡っています。
 また最近では、スタッフが患者やその家族と接する場面における接遇やマナーが適切でない、あるいは患者に対して的確な説明が行われないなどの理由で、苦情やクレームが発生することも増えています。逆に、もし患者や家族が求めているような、他院のスタッフとは違う挨拶、相槌、そして笑顔を実践することができれば、集患につなげることも可能ではないでしょうか。
 今回の講演では、接遇だけではなくスタッフ教育全般について、医療機関として必ず押さえておくべきことを説明するとともに、医療現場から寄せられた疑問にもお答えいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

第4回 院内の患者情報の取り扱い(個人情報保護法と漏洩対策)

日本医師会生涯教育講座(2単位:カリキュラムコード5,8)の対象です。

開催日時2011年10月19日(水)午後 6 時 45 分~ 8 時 45 分(開場:午後6時30分)
会  場長野市生涯学習センター
TOiGOWEST
長野市大字鶴賀問御所町1271番地3
電話:026-233-8080
参加費無料※要予約 (先着42人)

 ※9月21日開催予定が台風のために10月19日に延期となりました。

■講師 本田 茂樹 氏
株式会社インターリスク総研
研究開発部長 主席コンサルタント
信州大学大学院 非常勤講師

講師からのメッセージ

 個人情報保護法が全面施行されて6年以上が経過しました。施行当時、診療録や看護記録などセンシティブな個人情報を数多く取り扱う医療機関では、個人情報の利用目的を書いたポスターを掲示したり、また職員研修などが行われたりしましたが、現在はどうでしょうか。
院内での患者情報の取り扱いが以前に比べて甘くなっていることはないでしょうか。それとともに、日々の診療現場からは、「患者さんを名前で呼んで苦情になってしまった」、「診察室の会話がどうしても廊下に聞こえてしまう」など、様々な悩み事も寄せられています。
今回の講演では、まず医療機関として必ず押さえておくべきことを説明し、医療現場から寄せられた質問にお答えするとともに、経営者の方々にはリスクマネジメントの観点からアドバイスをいたします。皆様のご参加をおまちしております。

第3回 患者満足と苦情対応(クレーマー対応なども含め)

日本医師会生涯教育講座(2単位:カリキュラムコード5,8)の対象です。

開催日時2011年8月10日(水)午後 6 時 45 分~ 8 時 45 分(開場:午後6時30分)
会  場長野市生涯学習センター
TOiGOWEST
長野市大字鶴賀問御所町1271番地3
電話:026-233-8080
参加費無料※要予約 (先着42人)

■講師 本田 茂樹 氏
株式会社インターリスク総研
研究開発部長 主席コンサルタント
信州大学大学院 非常勤講師

講師からのメッセージ

 サービス産業において、顧客を満足させることが究極の目的といわれていますが、医療機関の患者満足についてはどのように考えればよいでしょうか。患者が最も医療機関に期待することと言えば、病気を治してもらうことになりますが、最近ではその内容が「今後の治療方針についてわかりやすく説明してもらいたい」、「患者の話をもっと聞いてほしい」など多様化しており、医療機関側としてはそれらのニーズも踏まえて対応する必要があります。
 その一方で、患者や家族からの様々な要求がエスカレートする傾向もみられ、苦情やクレームに悩んでおられる医療機関もあるのではないかと思います。
 これらの状態を放置しておくと、患者や家族の満足度が下がることによる患者減や風評被害、また患者や家族からの激しいクレームによる医療機関側のダメージ等がされますので、医療機関としては的確な対応を進めることが重要です。
 今回の講演では、医療機関を取り巻く患者満足と苦情対応の現状を明らかにするとともに、リスクマネジメントの観点からどのような対応を行うべきかをわかりやすく説明いたします。
 皆様のご参加をお待ちしております。

第2回 医療事故と医療訴訟(事故防止と事故発生後の対応)

日本医師会生涯教育講座(2単位:カリキュラムコード5,8)の対象です。

開催日時2011年7月21日(木)午後 7 時~ 9 時(開場:午後6時30分)
会  場長野市生涯学習センター
TOiGOWEST
長野市大字鶴賀問御所町1271番地3
電話:026-233-8080
参加費無料※要予約 (先着42人)

■講師 本田 茂樹 氏
株式会社インターリスク総研
研究開発部長 主席コンサルタント
信州大学大学院 非常勤講師

講義の概要

 47都道府県79大学病院を対象とした読売新聞社調査(回答59病院:2007/8/19記事より)で暴力:約430件、暴言・クレーム:約990件という結果が出ています。また、東京都内約660病院を対象とした国立保健医療科学院の調査(回答210病院:東京都病院学会発表内容より)では暴力:2,674件、苦情に伴う治療費支払い拒否:727件、患者からの暴力等が原因で職員が離職したケース:64病院で273件という結果が出ています。
 こうした医事紛争の背景と要因には、①患者の不信感→医療従事者と患者側の人間関係が希薄化②訴訟に対する意識変化→「訴えてやる!」という発想③インフォームドコンセントに関する問題→患者が理解できているかどうか があげられます。
 今回の講演では①医事紛争の現状と動向②医事紛争の背景と要因③事故と法的責任④事故事例とそのポイント⑤事故防止の実践的留意事項⑥訴訟対応の観点からと医療訴訟やモンスターぺーシェントなどの医事紛争を発生させないための予防策や、発生した場合の対応について幅広い視点からご講演いただきます。ご参加をお待ちしています。


第1回 スタッフの人事労務管理

日本医師会生涯教育講座(2単位:カリキュラムコード5,8)の対象です。

開催日時2011年6月15日(水)午後 7 時~ 9 時(開場:午後6時30分)
会  場長野市生涯学習センター
TOiGOWEST
長野市大字鶴賀問御所町1271番地3
電話:026-233-8080
参加費無料※要予約 (先着80人)

■講師 本田 茂樹 氏
株式会社インターリスク総研
研究開発部長 主席コンサルタント
信州大学大学院 非常勤講師

講義の概要

 人が担い手である医療サービス業において、人事労務管理の適正化はその要です。患者さんとスタッフの満足度を高めるためにはサービスの担い手であるスタッフをどのように配置し、育成や活用を図るかについて、明確な方針と具体的な施策推進が必要になります。スタッフのモチベーションやチームワーク醸成の良し悪しは、医業経営の成果、特に「サービスの質の向上や効率性の確保」に大きく影響してきます。今回は人事労務管理適正化の基本となる評価、処遇、キャリアアップの手法をテーマにセミナーを開催致します。


a:3614 t:3 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional