開業保険医の明日を拓く

感染対策補助金の申請開始

2021年度の「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止継続支援補助金」の申請が11月初旬から始まっています。事業期間は12月末、申請期間は2022年1月末までで、補助上限金額は、病院・有床診療所で10万円、無床診療所で8万円など。今回はWeb申請が原則で、これまでより簡略化された手続きとなっています。
なお、手書き用紙での申請をご希望の場合は、本補助金のコールセンターへ電話(0120-336-933)で対応を依頼してください。

消耗品や体温計、パルスオキシメーターなどの機器を揃えるのに本補助金を活用してはいかがでしょうか。長野県保険医協同組合では、手指消毒剤や国産N95マスク、清拭ができる耐薬品性能の高いパルスオキシメーターなど、感染対策商品を多数取り扱っています。

 

パルスオキシメーター 補助金申請に間に合います

長野県保険医協同組合では、テルモのパルスオキシメーター「ファインパルスSP2」を取扱開始しました。すでに新聞への封入チラシで目にした組合員も多いと思いますが、ファインパルスSP2はJIS規格(2014年)に適合した測定精度で、また、耐薬品性能が従来品より強化されているため清拭が行いやすい製品です。定価は40,000円(税抜き)。
小児から成人まで計測ができ、清拭など普段の取り扱いのしやすさに配慮された製品です。

新製品を補助金で

またニプロから発売された非接触式体温計「NT―100B」は、測定温度が38.0度以上であれば画面が赤く表示され、発熱状態であることを知らせてくれます。
無線通信機能を搭載し、ニプロのハートライン(HNライン)に接続が可能で、血圧計や体重計などとデータを連動させ管理できます。

定価は9,800円(税抜き)。組合員価格は協同組合ニュースをご参照いただくか、事務局までお問い合わせください。

関連記事

コメントは利用できません。