開業保険医の明日を拓く

開業医共済休業保障制度 申込受付中

みんなで一緒に

現在、開業医休業保障制度の2022年4月加入の申込を受付中です。
医療保険だけでは自宅療養の備えには不十分なことがあります。また、特定感染症など自宅休業を余儀なくされる場合も「開業医休業保障制度」でカバーすることが可能です。本制度はケガや病気による休業に対して、入院は初日から、自宅療養でも5日目から給付を受けられます。

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者への特別扱いを7月末まで延長

開業医休業保障制度では、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者となり自宅待機を余儀なくされた場合の休業を保障する特別取扱いを、2022年7月末まで延長します。
この取扱いは濃厚接 触者(PCR検査陰性)として保健所から要請される自宅待機期間を、自宅療養扱いで免責4日を除いた最長10日間分を請求対象としています。
制度の詳しい内容や資料送付のご希望は、保険医協同組合へお問合せください。

関連記事

コメントは利用できません。